「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【フットボール・ブレス・ユー】第66回 意地とプライド(23.11.10)

第66回 意地とプライド

今日もランドはボールを蹴る音がそこかしこから聞こえる。空が晴れようが雨が降ろうが、チームの調子がよかろうが悪かろうが、サッカーを友とする人たちが集い、いつもと変わらない日常がある。

芝の緑が眩しく、見える景色が少し違うように感じるのは、こちらの気分のせいだ。東京ヴェルディは自動昇格の可能性を有し、2023シーズンの最終節を迎えた。

すでにFC町田ゼルビアが優勝とJ1昇格を決め、残る自動昇格枠はひとつ。それを2位の清水エスパルス(勝点73 得失点+44)、3位のジュビロ磐田(勝点72 得失点+29)、そして4位の東京V(勝点72 得失点+24)が争っている。

シーズン終盤に入り、昇格争いの様相がはっきりしてきた頃、城福浩監督に訊いた。上位陣はだいたい予想どおりのメンツになっているか、と。

(残り 2168文字/全文: 2520文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ