「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-37[A] FC町田ゼルビア戦『ブレイクスルーの瞬間』(22.9.19)

2022年9月18日(日)
J2第37節 FC町田ゼルビア vs 東京ヴェルディ
18:03キックオフ 町田GIONスタジアム
[入場者数]3,420人 [天候]雨、無風、気温25.2℃、湿度90%

町田 2‐2 東京V
前半:1‐1
後半:1‐1
[得点]
0‐1 深澤大輝(2分)
1‐1 中島裕希(13分)
2‐1 太田修介(48分)
2‐2 阪野豊史(90+7分)PK
※A=アシスト、及び今季の通算数。東京Vのみカウント。

●東京Vスターティングメンバー
GK1   マテウス
DF15 馬場晴也
DF3   ンドカ・ボニフェイス
DF23 谷口栄斗
DF2   深澤大輝(76分 平)
MF14 石浦大雅(69分 西谷)
MF25 稲見哲行(54分 奈良輪)
MF7   森田晃樹
MF19 小池純輝(54分 河村)
FW30 染野唯月(69分 阪野)
FW27 佐藤凌我
(ベンチメンバー:GK21長沢祐弥。DF5平智広、32宮本優。MF24奈良輪雄太、34西谷亮。FW13阪野豊史、29河村慶人)

監督 城福浩

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■深澤大輝の今季3点目で先制

開始早々、東京ヴェルディが電光石火のパスワークでFC町田ゼルビアに襲いかかった。

2分、スローインから佐藤凌我がキープし、森田晃樹にボールを預ける。森田のパスを受けた小池純輝がワンタッチで浮き球のボールを縦に出し、染野唯月が頭でフリック。佐藤凌はボレーを打ち損なったが、詰めていた森田がシュート。福井光輝が身体に当てたこぼれ球、逆サイドから入ってきていた深澤大輝がゴールに蹴り込む。

「この試合ではサイドハーフが内側に入り、サイドバックが高い位置を取ろうと話をしていました。ボールが転がってきたのはたまたまですけど、練習からそういった意識を持ってやらなければ、あの位置に自分はいなかったと思います」(深澤)

先制点を奪ったのは、8月6日のJ2第30節のV・ファーレン長崎戦(1‐0○)以来だ。久しぶりに城福浩監督の言う「勝点3を持った状態」でゲームを進められることになった。

しかし、残念ながらリードの時間は10分少々で終わる。13分、町田はスローインから右サイドを崩し、安井拓也が速いクロスを入れる。これを山口一真が頭ですらし、ファーサイドに飛び込んだ中島裕希がネットを揺らした。

(残り 2217文字/全文: 3152文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ