「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】天皇杯ラウンド16 ジュビロ磐田戦のポイント(22.7.20)

「J1を相手にこれだけやれるんだということを示したい」と深澤大輝は意気込む。

「J1を相手にこれだけやれるんだということを示したい」と深澤大輝は意気込む。

天皇杯ラウンド16、東京ヴェルディはジュビロ磐田と19時から味の素スタジアムで対戦する。ここを突破すれば、優勝した第84回大会(2004年度)以来のベスト8進出だ。

■もっと上の景色を見たい

今日のジュビロ磐田戦に一蹴入魂で臨むのが深澤大輝だ。24日のJ2第28節、横浜FC戦は警告の累積により出場停止。そもそも力を出し惜しみするタイプではないが、後顧の憂いなくこの一戦に集中できる。

「残りのシーズン、イエローを1枚ももらわないのは難しいだろうなと思っていて、結果、出場停止が次のタイミングになってしまいました。この際、延長戦に入ったとしてもどこまでも走りますよ」と意気軒高である。

ただでさえチーム全体のコンディション面に不安のある現状、誰もが延長戦は避けたいと考えるだろうが、そうなったらなったでいまさら後に引けない。プラス30分で気持ちがくじけるようなら、ハナから磐田に先を譲ったほうがよい。

(残り 1404文字/全文: 1906文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ