大宮花伝

新設のJリーグ月間ヤングプレーヤー賞に市原吏音。「とてもうれしく思います。次は『月間MVP』として」【お知らせ】

最年少で受賞

大宮は16日、2・3月度の明治安田Jリーグ月間ヤングプレーヤー賞にDF市原吏音(18)が選ばれたと発表した。今季から新設された部門で21歳以下の選手が対象となっており、市原のほかJ1からは湘南FW鈴木章斗(20)、J2からは長崎のDF田中隼人(20)が名を連ねた。

最年少受賞の市原は開幕戦からレギュラーとして活躍し、U−19日本代表活動のためチームを離れた2試合を除く対象試合でフル出場、1ゴールを決めている。なお、4月17日のYBCルヴァンカップ 1stラウンド 2回戦の名古屋戦で試合前にセレモニーが行われる予定。

市原のコメントは以下の通り。

「まずは、このようなすばらしい賞を受賞できたことをとてもうれしく思います。そして、日頃からたくさんのサポートと熱い応援をいただき、ありがとうございます。次は『月間MVP』として表彰していただけるよう、チームとしても個人としても結果にこだわり続けていきたいと思います。これからも応援をよろしくお願いします」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ