大宮花伝

中山昂大/来季入団&特別指定。「攻撃のリズムを作れるように」☆斉藤秀輝/昨年のプレミア最終節で決勝点。トップ登録され「ゴールに絡むことが得意」【岐阜戦/コメント】

東洋大学3年生の中山昂大(なかやま・こうた)が2025シーズンより大宮に加入することが内定し、JFA・Jリーグ特別指定選手として認定された。大宮のアカデミーで育ち、トップチームの大澤朋也とは同期にあたる。また、大宮U 18の斉藤秀輝(さいとう・ひでき)のトップチーム登録も発表された。斉藤は昨年12月3日に行われた高円宮杯JFA U−18サッカープレミアリーグEAST最終節の昌平戦で決勝ゴール(https://www2.targma.jp/omiya-kaden/2023/12/03/post15717/)を決めている。2人はルヴァンカップに帯同する可能性もある期待の逸材たちだ。

 

大澤とアカデミー同期

【中山昂大】

Q.2025シーズンの加入内定と特別指定選手認定が発表され、直近ではルヴァンカップに帯同する可能性もあります。
「まず大学を経て育ったクラブに帰ってこられたというのはすごくうれしい。 早い段階で決めたことによって、また特別指定で出られるというメリットがあったので決めた。チャンスがあれば試合に出たいし、結果を出したい」

Q.初戦の岐阜とはリーグ戦で戦っています。映像などで見ての対戦のイメージは。

(残り 1221文字/全文: 1728文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ