大宮花伝

早くも「前半戦の山場」ーー。開幕で互いに4−1と快勝してぶつかる“J3優勝”へのライバル【岐阜戦/マッチプレビュー】

■明治安田生命J3リーグ第2節・3月2日(土)14:00キックオフ
NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャvsFC岐阜

 

 

縁が深い顔触れズラリ

初参戦のJ3は昨季7位の八戸に快勝して白星発進。上々の滑り出しを切った勢いを持続して、スタートダッシュにつなげたいところだ。

八戸戦は長澤監督がチーム3点目を「一番のハイライト」と推したように、失点後すぐ泉柊椰のゴールで点差を広げられたのは素晴らしかった。これまでの大宮だったならばトーンダウンしてもおかしくないシチュエーションをスーパーゴールで跳ねのけた。それからも攻撃の手を緩めずに4点目を奪ってフィニッシュして今季の本気度を示した

試合翌日の練習試合で対戦したクリアソン新宿の新指揮官で元大宮ヘッドコーチの北嶋秀朗監督は八戸戦を分析し、「大宮は去年と

(残り 1206文字/全文: 1564文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ