大宮花伝

森田浩史監督/3連勝締めで残留決定。「近道はないのだなとあらためて感じたシーズン」【アカデミー便り】

 

大宮U 18が高円宮杯JFA U−18サッカープレミアリーグEASTで9位に入って残留を決めた。最終節となった12月3日の昌平高校戦は2−1で競り勝ち、試合後に森田浩史監督が試合や今季などについて振り返った。

 

3年生が奮闘 労いの言葉

Q.残留を決めました。
「自分たちの力でなんとかできる状況だったので選手がそれをしっかりとやりきってくれたことはよかった」

Q.引き分けでも残留が決まりましたが、やはり勝利して決めたいとの思いでしょうか。
「最終戦だし、選手、特に3年生にとってはアカデミー最後の試合でもある。最初から引き分けは考えていなかった」

Q.昌平高校の対策について。
「特に

(残り 1666文字/全文: 1961文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ