大宮花伝

石川俊輝/戦列復帰して即、好パフォーマンス。「チームとして結果を出したい」【大分戦/コメント】

 

石川俊輝が戦列に戻り、獅子奮迅の活躍を見せている。6月の練習中に左ハムストリングス損傷し、リハビリを経て熊本戦で19試合ぶりに試合出場。中盤で相手へ激しいプレッシャーを掛け続け、徳島戦では室井彗佑の決勝点をアシストした。全選手の見本となるようなプレーで愛着あるチームを救おうと必死だ。

 

後輩の得点をアシスト

Q.熊本戦で19試合ぶりに先発出場し、徳島戦は7試合ぶりの勝利を飾りました。2試合のパフォーマンスについて。
「ケガで長い間チームを離れてしまったのでやはり悔しかったし、何もできないもどかしさもあった。そういった思いをピッチで表現しないといけないと(試合に)入った。ゲーム勘や自分のコンディションがなどという状況ではないので、本当に自分のできることをやるだけかなと思った」

Q.対照的な2試合となりました。

(残り 1848文字/全文: 2213文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ