大宮花伝

黒川淳史/育ったクラブの危機にレンタルで復帰。「恩返しのチャンス」と首位・町田での経験を表現へ【西大宮の巻】

 

アカデミー育ちの黒川淳史が1年半ぶりに復帰した。町田からの期限付き移籍で加入し、世話になったクラブの窮地を救う意気込みだ。7月6日から練習に合流しており、試合出場は古巣戦でもある水戸戦から可能。それまではかつての仲間たちと再び連係を深め、戦う準備を整えていく。

 

古巣・水戸戦から出場可能

Q.町田から期限付き移籍で古巣に復帰されました。
「懐かしいです。まあでも、そんなに長い時間を離れていたわけではなく、1年半くらい。選手も半分以上、知っているので」

Q.移籍は大きな決断だったのでは。
「そうですね。自分の

(残り 1992文字/全文: 2254文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ