大宮花伝

2点先行も逆転負け。覚悟の現実路線転換も実らず【町田戦/マッチレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第23節・7月1日(土)18:00キックオフ
町田GIONスタジアム/5,845人
FC町田ゼルビア 3-2 大宮アルディージャ
【得点者】町田/39分 エリキ、79分 エリキ、88分 藤尾翔太 大宮/7分 中野誠也、36分 柴山昌也

▼「最後は粘りきれなかった」

やはり“横綱”は強かった。

首位を快走する町田に前半のうちに2点先行し、「勝てるかも」と夢を見たのも束の間の出来事だ。すぐ1点を返され、後半の終盤は立て続けに失点し、うっちゃられての6連敗。町田から2点を奪ったのは2チーム目だったものの、結局は今季初の逆転勝ちを許してしまった。現実路線の守備的戦術をとったが、それならば必ず勝たねばならない。

原崎政人監督が悔やむ。

(残り 3064文字/全文: 3377文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ