大宮花伝

大山啓輔/激しい球際の攻防で「負けないこと」☆相馬直樹監督/勝って兜の緒を締め「もっともっとこだわりたい」【栃木戦/コメント】

 

磐田戦は73分からボランチで途中出場した大山啓輔。攻撃を活性化させ、アンジェロッティの決勝点の遠因も作った。サイドハーフなども務めて与えられた場所、時間でチームのため献身的にプレーしている。スタメン入りも見たいものだが栃木戦はどうなるか。大山と相馬直樹監督が栃木戦へ向けて意気込みなどを語った。

 

元同僚と仲良しエピも

【大山啓輔】

Q.磐田戦を振り返って。
「あらためて結果が大事だと感じたのは

(残り 3824文字/全文: 4029文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ