大宮花伝

上田智輝/JFLからJ2へ挑戦した日々を通し、「磨いていけば通用する」と自信に【ありがとうに代えて…①】

今シーズンが終わり、寂しい気持ちが募る季節がやってまいりました。毎年、選手の遺跡や契約満了が発表される時期は本当につらいです。これまでの感謝の思いも込め、選手をピックアップして惜別コラム『ありがとうに代えて…』をお届けします。

 

 

2年間では不測の事態も

11月14日、上田智輝の契約満了が発表された。2021年シーズンにJFLの奈良クラブから加入し、J2に初挑戦。2年間を大宮で過ごして、チームを離れることとなった。

上田を加入当初に取材した際、「人見知り」だと打ち明けていた。何を隠そう筆者も地の性格は人見知りなので、親近感がわいたことを覚えている。そんななか、徐々に人懐っこい笑顔がたくさん見られるように。昨季は勝手に“3兄弟”と呼んでいた

(残り 2012文字/全文: 2342文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ