大宮花伝

柴山昌也/圧巻の2ゴール。今後に「期待してください」☆新里亮/「チームが一つの方向へ」と自分の在り方まで模索。☆相馬直樹監督/挑戦を推進。「怖がっていたら得るものない」【仙台戦/コメント】

 

横浜FC戦はプロ2年目の柴山昌也が獅子奮迅の活躍を見せ、2ゴールを挙げて勝利に貢献した。ゴールはルーキーイヤーの昨季開幕戦以来となり、今後の量産に期待が懸かる。守備の軸を担う新里亮は自分の在り方まで模索してチーム向上のために力を尽くす。細部にわたる観察眼が富山貴光の決勝弾を導くパスにつながった。相馬直樹監督にとって横浜FC戦はうれしいホーム初勝利で仙台へと勢いづく。柴山、新里、相馬監督が仙台戦に向けて意気込みなどを語った。

 

巻き返しのキーマンに

【柴山昌也】

Q.勝つと練習へ臨む気持ちも変わりますか。

(残り 6687文字/全文: 6949文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ