大宮花伝

菊地俊介/連敗脱出へ「一つひとつのプレーに魂を込める」☆吉永昇偉/アカデミー同期の高柳郁弥と再びチームメートに「切磋琢磨したい」☆相馬直樹監督/「戦える準備をして勝ちを取りにいく」【東京V戦/コメント】

 

先発でも、途中出場でもしっかりと自分の役割を全うする菊地俊介。仲間のためにと身を粉にして戦う姿勢はチーム随一だろう。プロ4年目を迎えた吉永昇偉は左SBで定位置を確保しつつある。岡山戦では菊地のゴールに絡み、攻撃の見せ場を作った。相馬監督は東京V戦で自身ホーム初勝利を目指す。菊地と吉永、相馬監督が東京V戦への意気込みなどを語った。

 

仲間を鼓舞する対話を推奨

【菊地俊介】

Q.チームは3連敗と苦しい状況ではありますがブレてはいけないところは。
「守備のところや球際のところとか、そういう相馬さんが言ってきているところは絶対に変えちゃいけないところ。そこができている部分ももちろんあるので。そういうところかなと思う」

Q.岡山戦はボールを動かせる時間も多くなりました。

(残り 4629文字/全文: 4969文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ