大宮花伝

大橋尚志/金沢仕込みの守備で「相手の攻撃の芽をつぶす」☆南雄太/開幕は古巣戦。「いかにやってきたことを出せるか」【横浜FC戦/コメント】

※写真はすべて過去のものです。

 

9選手がコロナ陽性になったなか、新加入の大橋尚志は元気いっぱい。慣れないサッカーにチャレンジし、食らいついて、すっかり自分のものにできた。緊急事態となって迎える横浜FCとの開幕戦は腕の見せどころになる。南雄太にとっては古巣戦で愛着のあるチームとの対戦が楽しみな様子だ。大橋と南が横浜FC戦へ向けてメディアの合同インタビューに答えた。

 

息づく鹿島の教え

【大橋尚志】

Q.開幕戦直前に9選手がコロナ陽性となりました。チームの雰囲気はいかがですか。
「チームの人数的に少なくなったが、それで雰囲気が悪くなってはいない。みんなの試合に向けてのテンションは普段と変わらずにやっていけている」

Q.出られない選手の分までという思いでしょうか。
「それはスタッフ、選手全員が思っていること」

(残り 8398文字/全文: 8758文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ