「ゼルビアTimes」郡司聡

勝負の肝を完全掌握。転んでもタダでは起きないチームの真骨頂【FC東京戦/マッチレビュー】

■明治安田J1リーグ第9節
4月21日(日)15:00キックオフ
味の素スタジアム/30,811人
FC東京 1-2 FC町田ゼルビア
【得点者】FC東京/21分 小柏剛(PK) 町田/14分 ナ・サンホ、25分 オ・セフン

▼ナ・サンホの“伏線回収”

ピーター・クラモフスキー監督が率いるチームらしく、FC東京は縦志向の強い集団だった。開始6分には仲川輝人からのスルーパスに小柏剛が反応。シュートコースには谷晃生が立ちはだかり、事なきを得たものの、両ウイングの打開力を含め、立ち上がりからFC東京は町田に対して強烈な圧力を与え続けた。

(残り 2594文字/全文: 2850文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ