「ゼルビアTimes」郡司聡

佐野海舟選手(鹿島アントラーズ)/復帰戦は大舞台。サッカー人生「一番の規模感の試合」で証明した地力【連載・元町田戦士の現在地45/コラム】

■明治安田生命J1リーグ第13節
5月14日(日)13:30キックオフ
国立競技場/56,020人
鹿島アントラーズ 2-0 名古屋グランパス
【得点者】鹿島/29分 鈴木優磨、84分 知念慶

復帰戦の舞台となった国立競技場

▼「特に緊張はしなかった」

負傷からの復帰戦が『Jリーグ30周年記念スペシャルマッチ』。国立競技場に詰め掛けた56,020人の前に佐野海舟が姿を現すと、鹿島サポーターが陣取るスタンドから大きな歓声が響いた。1-0でリードしていた57分、佐野の出番は巡ってきた。

「いつもサポーターのみなさんには素晴らしい雰囲気を作ってもらっていますが、今日は人数も多くて

(残り 922文字/全文: 1200文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ