「ゼルビアTimes」郡司聡

奥山政幸「チームのポテンシャルを踏まえると、到底納得できる順位ではない」【検証・シーズンレビュー2022/選手インタビュー③】

選手の肉声で振り返るシーズンレビュー。第3回は選手会長の奥山政幸に聞いた。

完全制圧だったアウェイ仙台戦。最終ラインから見えた景色は?

▼「仙台戦はとても強いチームだなと思いながら…」

――2022シーズンの戦績は14勝9分19敗勝ち点51。51得点50失点の15位でした。この戦績をどう捉えていますか。
「単純に残念です。もっともっと上位で終われると思っていましたし、そういうチャンスもあったと思います。最後は10試合勝利なしと、尻すぼみで終わってしまいました。このチームのポテンシャルや本来持っている力を踏まえると、到底納得できる順位ではありません」

 

――この結果を招いた原因は?
「いろいろあるとは思います。一つは勝ち切れるチームではなかったということ。最終節に戦った新潟は一つになって戦っていましたし、優勝するにふさわしいチームだったと思います。それはチームの雰囲気だけではなく、スタジアムの雰囲気や、移動中における街の雰囲気を含めて、J2のタイトルを獲るにふさわしい環境だったなと思っています。

新潟と自分たちを比べると、なかなか一つにまとまり切れなかった1年だと思います。サポーターと一緒に作る雰囲気もまだまだJ1を目指せるそれではありませんでした。土地柄難しいかもしれませんが、街全体を巻き込んでいくことまでには至っていないと思います。一番は僕たちの力のなさゆえの結果ではありますが、FC町田ゼルビア全体に関わる方々の一体感も足りない部分かなと思います」

 

――新潟への移動でJ1の空気を感じたということですが、具体的には?

(残り 6147文字/全文: 6819文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ