「ゼルビアTimes」郡司聡

回避すべき強度勝負。天敵攻略のためのファーストプライオリティーは?【ブラウブリッツ秋田戦/マッチプレビュー】

■明治安田生命J2リーグ第38節
9月25日(日)14:00キックオフ
ソユースタジアム
ブラウブリッツ秋田 vs FC町田ゼルビア

出場停止明けの髙江麗央もフレッシュな動きを見せた

▼“トランジション・スイッチ”への意識と実践

ブラウブリッツ秋田戦に向けた準備期間立ち上げの日。全体練習は基本的にボールを手で扱えるリラックスゲームで始まった。メンタルをリフレッシュする目的もあったのだろうが、それが終わると、実戦練習では一転、強度も高く熱を帯びたトレーニングが展開された。

最前線では攻守が切り替わったと思った瞬間、中島裕希が猛然とボールに襲い掛かる。自慢の“鬼プレス”に仲間が引っ張られる格好で、チーム全体のテンションは高い次元を保ったまま時間が過ぎた。その一方で試合2日前の全体練習は紅白戦も20分そこそこで終了。シーズン終盤特有なのか。コンディションを配慮されたメリハリの効いたトレーニングが実行されている。

(残り 1484文字/全文: 1883文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ