「ゼルビアTimes」郡司聡

平戸太貴「同じメンバーで長い時間を共有できているメリットは、間違いなくある」【VOICE/宮崎二次キャンプ】

1月27日から宮崎で二次キャンプを張っている町田。29日の鹿島アントラーズとのトレーニングマッチにも出場していた平戸太貴にオンラインで話を聞いた。

◯平戸太貴
–鹿島とのトレーニングマッチにおけるチームの攻撃と守備、それぞれの手応えは?
「まず攻撃ではビルドアップしていくことと、相手もボールを持てるチームでもあったため、こちらがセットしてボールを奪ってカウンターに出ていく形、大きく言ってこの2つの今まで積み上げてきたことをやろうとする中で、カウンターでは何回か怖い形を作れましたし、その中からシュートシーンも作ることができました。

(残り 1359文字/全文: 1624文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ