「ゼルビアTimes」郡司聡

長谷川アーリアジャスール/セカンドトップの主軸が迎える2年目。「言い訳ができない」勝負のシーズンへ【コラム】

ファンフェスタでは「そら組」のリーダーを務め、勝利チームに

▼「改善のポイントはアーリア」(鄭大世)

昨季の19位から5位へジャンプアップを果たした2021シーズン。チーム力を一段階引き上げた存在の一人が、長谷川アーリアジャスールであることに異論はないだろう。

モンテディオ山形とのオープニングマッチこそセンターFWでの起用だったが、今季の主戦場はセカンドトップ。よりゴールに近い中央のポジションで起点を作り、チームの遅攻と速攻をコントロールする“リンクマン”としての活躍が光った。比較的安定したバイオリズムだったチーム力を支えてきた選手が長谷川であることを、あの鄭大世も認めるほどだった。

(残り 1118文字/全文: 1410文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ