「ゼルビアTimes」郡司聡

深津康太/約9年ぶりの新潟戦が強くした思い【アルビレックス新潟戦/コラム】

■明治安田生命J2リーグ第20節・6月24日(日)18:00キックオフ
町田市立陸上競技場/5,009人
FC町田ゼルビア 0-0 アルビレックス新潟

▼ゼルビアで長らくプレーする価値

リーグ戦では初対決と言えども、公式戦では約9年ぶりの対峙となったアルビレックス新潟戦。2010年10月9日。あの日、ビッグスワンスタジアムに降り立ったのは、指揮官・相馬直樹監督だけではなかった。ゼルビア不動のディフェンスリーダー・深津康太。しかし、当の本人に天皇杯3回戦での記憶はまったくと言っていいほど、残っていないという。

(残り 1057文字/全文: 1307文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ