「ゼルビアTimes」郡司聡

【コラム】J2第3節・レノファ山口戦/チーム力で乗り越えた難局。“相馬ゼルビア”の真髄

■明治安田生命J2リーグ第3節・3月13日(日)16:00キックオフ
維新百年記念公園陸上競技場/4,711人
レノファ山口 0-2 FC町田ゼルビア
【得点者】町田/40分 中島裕希(PK)、50分 鈴木崇文

©FC町田ゼルビア

▼「代えの利かない二人」が不在の中で

土壇場の勝ち点1奪取を果たした前節・京都サンガF.C.戦の代償は大きかった。京都戦の後半にはエースの鈴木孝司とディフェンスリーダーの深津康太が負傷交代。ともに今節・レノファ山口戦の準備期間にはチームの練習に合流せず、負傷の回復に努めた。「代えの利かない二人」(リ・ハンジェ)が欠場濃厚となったことで、いわゆるチームの“背骨”にあたるセンターラインのうち、最前線と最終ラインの主軸が欠けたまま、今季初の敵地戦に臨まなくてはならなかった。

“スクランブル態勢”に近い山口戦の試合前、FC町田ゼルビアの指揮官・相馬直樹監督は、次のように選手たちへ語りかけたという。

(残り 1792文字/全文: 2195文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ