「ゼルビアTimes」郡司聡

【コラム】J3第33節・カターレ富山戦/大逆転昇格へのスタートライン。昨季の悔恨をエネルギーに変えて

■明治安田生命J3リーグ第33節10月11日(日)16:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,163人
FC町田ゼルビア 2-0 カターレ富山
【得点者】町田/48分 鈴木孝司、75分 リ・ハンジェ

20151011-172932-0©FC町田ゼルビア

▼“ふがいない”清水との練習試合から1週間……

 

1週間前のふがいないトレーニングマッチが“良薬”になったのだろうか。今節のカターレ富山戦、試合開始直後からFC町田ゼルビアはエンジン全開だった。チームファーストシュートは4分の森村昂太による左足シュート。全体的にミドルレンジでのシュートが多かった嫌いはあったものの、富山戦での町田は計25本ものシュートを放っている。

(残り 1767文字/全文: 2056文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ