横浜本牧フットボールマニアックス

土館賢人「求められていることはアンカーとは違う」ひとつ前のポジション【J3第25節・vs讃岐】[コメント]

2022年9月14日 横浜
(PHOTO,TEXT・佐藤功)

- NEXT MATCH -

明治安田生命J3リーグ第25節
Y.S.C.C.横浜 ― カマタマーレ讃岐
2022年9月17日(土)13:00
ニッパツ三ツ沢球技場

Y.S.C.C.横浜
18位:4勝2分18敗 勝点:14 得失:-37(16-53)

カマタマーレ讃岐
16位:5勝4分15敗 勝点:19 得失:-13(19-32)

▼ひとつ前

土館賢人と言えば中盤の底、もしくは最終ライン。「守備の側からすると」というようなコメントももらったこともある。

その彼が、ひとつ前に出た。

「裏に蹴りやすい」と話す彼は、その場所から「アシストもゴールも」狙う。お楽しみはこれから、彼の好きな新日本プロレス的に言えば、トランキーロ。キャプテンの新たな挑戦が始まる……。

と思っていたら「実は……」と彼は話し始めていた。

▼ここは正念場

#4 土館賢人

――スタイルがしっかりしてきてからの連勝、そこから連敗という流れですが、チームとしてはどういう状況でしょうか?

土館 監督の戦術的なところが浸透してきて、次の段階に行きたいところで今あんまりうまくいっていないという感じだと思います。

やってて思うのは、チーム的に若いので先制点を獲れないときついなというのはあります。前と違ってチャンスは作れてきているので、相模原戦も最初の20分は良かったのであそこで点が獲れていたら勝てていたと思うし、岐阜戦も最初2本やられましたけどもその後チャンスも作れていたので、決定力の差が如実に出ているなという印象です。

――戦術が浸透してきている分、相手も分かっている、対策もされているのかなとも思います。

(残り 582文字/全文: 1270文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ