デイリーホーリーホック

天皇杯3回戦横浜F・マリノス戦 森直樹監督「準備したことを出して2対0にすることはできたけど、勝ち切れなかったり、負けてしまうリーグ戦の流れがもろに出てしまった」【コメント】

「J1の横浜FMさんが相手ということで、自分たちの流れに持っていくためには入りがすべてだと思っていました。そこのところのメンタルやマインドを準備させて、やることをしっかり提示して、選手たちはそれをしっかりやってくれたと思っています。それで2対0という展開にすることができました。ただ、リーグ戦で勝ち切れなかったり、負けてしまう展開がもろに出てしまった。ちょっとしたゴール前の寄せの甘さや勇気を持ってボールを受けることができなかったことにより、徐々に相手のペースになってしまったと思っています。その中でもよく耐えて最後までリードして持っていったんですけど、そこで隙が出て、セットプレーで失点してしまったことが今日のすべてだったと思います」

Q.横浜FMは4-4-2でスタートして、途中から4-4-3に変更してきました。4-3-3になってから、なかなかプレスをはめることができなくなった印象がありました。その対応に関しては、どのように感じていましたか?
「逆に4-3-3のアンカーの方を準備していたところがありました。でも、この試合で横浜FMさんは途中から4-3-3にしてきて、2トップの迫力がなくなってしまったところがありました。アンカーまでラインを下げて押し返せばいいという部分はあったんですけど、一つのアプローチのスピードやサイドに追い込んだ時の強度が足りなくて、奪いどころで奪えなかったことが大きかったと思っています。あとはゴール前に進入された時に中盤のボランチのスライドが遅かった。何回も刺されていたので、修正しないといけなかった。あと、寄せですよね。1失点目もバイタルのところであんなにフリーにさせてしまうと、守るのは難しいと思います」

Q.今日は複数得点を決めました。2点とも少ないパス数でシュートまで持っていくことができました。今日の攻撃に関しては?
「2点を取るまでは今までにない形からチャンスを作ることができていました。スルーパスも出せていましたし、2点目のゴールは甲田がターンして持ち出してスルーパスという今までにない形で点を取れた。そこはよかったと思っています。ただ、そこからですよね。下で攻撃を作るということを、僕から見ると、拒否してしまったところがあった。しっかり3枚を作ったり、ゴールキックの時にボールを受ける立ち位置を取るとか、そういうことを怠ったと思っています」

Q.PK戦の順番をどのように決めましたか?
「一番は疲弊していない選手。この距離でも少し疲れていると、変な力が入ってしまうことがあるので、なるべく120分プレーしていない選手を選びました」

Q.J1横浜FMとの差をどこに感じましたか?
「緩さや隙を見逃してくれない。そこでもろに失点しました。全員たちでそういうところを出さないで、全員で共有してやっている時は2対0という結果にすることができていました」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ