デイリーホーリーホック

天皇杯2回戦ロアッソ熊本戦 選手コメント「梅田魁人選手、碇明日麻選手、山﨑希一選手」【コメント】※無料記事

〇梅田魁人選手
Q.今の気持ちを聞かせてください。
「チームの勝利に直接貢献できるということは自分の生きがいだと思いました。この勝利をリーグ戦につなげることは全員が理解している。今日、戦ったメンバーが本気で週末の秋田戦に向けて準備をして、『自分がやってやる』という気持ちを持てるかがチームとして浮上していくきっかけになっていくと思っています。その熱量を僕を含めて、全員で持ってやっていかないといけない。ここまでリーグ戦に出場してきたメンバーもそこを感じたうえでもっともっとやってもらわないと困る。僕たちは今の順位にいるチームではない。ここから僕が起爆剤になっていきたいと思っています」

Q.野瀬選手が倒されて獲得したPKを梅田選手が蹴りました。キッカーは決まっていたのでしょうか?
「チームとしてキッカーの順番はあるんですけど、状況によってそこは変わると思っています。あの場面では龍世がPKを獲得したので、本人が蹴りたいというのなら、譲ろうと思いました。でも、アイツは足をつっていたので、自分が蹴った方がいいと思い、蹴りました」

Q.どんな思いで蹴りましたか?
「アディショナルタイムに入っていたので、ここで外すわけにはいかなかった。正直、外す気はまったくありませんでした。ゴールの後ろには僕たちのサポーターもいたので、決める自信がありました」

Q.チームとして大きな勝利です。今日のチームの雰囲気はどうでしたか?
「当然足りないものもたくさんありますし、このゲームの中でも出た課題がリーグ戦にもつながると思います。それをチームとして共有することが大事だと思います。そして、今日試合に出たメンバーがやれるということはある程度証明できたと思います。メンバーを決めるのは監督ですけど、ここから全員がリーグ戦に絡んでいけるようにみんなでやっていきたいと思います」

Q.梅田選手にとって、この勝利はどんな意味を持ちますか?
「率直に嬉しいですけど、僕の中ではホームで勝って、ホームのサポーターと一緒に喜びたい気持ちが強いですし、リーグ戦で勝ちたい思いも強い。だからこそ、この勝利はゴールではないですし、通過点だと思っています。得点という結果を残せたことは良かったですけど、満足することなく、次に向けて準備したいと思います」

〇碇明日麻選手
Q.熊本の地でプロ初先発を飾り、勝利を手にしました。どんな気持ちで臨みましたか?
「地元なので、結果を残したいという気持ちで臨みました。前半はうまくいかないところがありましたけど、後半は2点を演出ことができました。熊本の地で、親の前で、結果を残せてよかったです」

Q.前半と後半で何を変えましたか?
「後半はサイドMFを高い位置に張らせて、縦にボールを入れて、龍世君の足の速さを活かそうと思いました。それと、FWの裏抜けも狙いました。そこに蹴って、2つのゴールにつながった。前半の改善点を後半活かしたことによって、点を取れたと思います」

Q.碇選手の正確なフィードが生んだ2得点でしたね。
「瑞季君のランニングも龍世君のランニングも見えていました。そこにボールを送れることは自分の良さ。そういう自分の特長を出せてよかったです」

Q.DFが飛び込めそうで飛び込めない絶妙なところにボールを入れましたね。
「瑞季君は体を当ててボールをおさめることができるので、瑞季君側にボールを落とせばターンしてシュートまで行けると信じていました。龍世君は足が速いので、相手選手の背後にボールを落とせば、前に入ってくれると信じていました。そういう信頼がゴールにつながったと思っています」

Q.試合前に話を聞いた時、右サイドバックとして出場したら、得点に関わる仕事をしたいと言っていました。まさに有言実行ですね。
「はじめて公式戦でサイドバックとしてプレーして、求められたポジションに対応することは自分の良さだと思っています。そのおかげで、今は4つのポジションでプレーすることができる。それが自分の強みになっている。新たにサイドバックでプレーできるようになり、自分の中で大きな自信につながっています」

Q.90分の中で試合に慣れ、自身の変化も感じたのでは?
「公式戦ではじめてスタメンで出場して、90分間という大切な時間を過ごしながら、プロの世界にちゃんと踏み出せたかなという実感があります。それと、もっと成長しないといけないという悔しい思いもあります。またこれから成長できるように、練習に励んでいきたいと思っています」

Q.インサイドワークもしながらプレーしていました。
「自分の良さは攻撃の部分。そこは誰に言われようが、自分の良さを出していきたいと思っていました。攻撃的なプレーを意識してプレーしました」

Q.監督からどんな指示を受けましたか?
「自分にはキックという持ち味があるので、アシストにつながったフィードや斜めに入れるグラウンダーのパスだったり、縦の選択肢を持ちながらプレーしてほしいという指示を受けました」

Q.守備で意識したことは?
「前半の相手の左ウイングの選手(東山選手)がドリブラーだったので、そこを警戒しながら守備をしていました。前半1対1の場面でしっかり対応することができました。そこをきっかけに、もっと成長して、ボールを奪う回数を増やしていきたいと思っています」

Q.森監督はリーグ戦に向けて新たな戦力の台頭を期待していると言っていましたが。
「あまりチームの流れが良くない中で天皇杯に向けてターンオーバーをして勝つことができた。このメンバーから何人かリーグ戦に絡んでいくと思いますし、それがリーグ戦に出場している選手の危機感につながると思うので、底上げという点でも今日の勝利は大きいと思います」

◯山﨑希一選手
Q.本日はボランチでの起用でした。今までボランチでプレーしたことはあるのでしょうか?
「いや。最近は練習試合でボランチをやる機会があったのですが、大学時代も含め、今までのサッカー人生で、公式戦をボランチで出るのは初めてでした」

Q.どんなことを意識しましたか?
「まずはいい守備から入ろうとしました。熊本相手でしたし、簡単にやらせないところをまず意識して入りました」

Q.開始早々、2本程いい形でボールを奪いました。スライドしながら右と左で取ったと思いますが、その辺りでリズムを掴んでいったのでは?
「そうですね。入りでいい形でボールを奪えて、いい感じで試合に入れましたね」

Q.その後は失点してしまいましたが、その中で感じていたことは?
「正直、前半の立ち上がりは良かったですが、その後からボールを握られるようになって、焦れないように、失点しないように意識しながらやっていましたが、ああいう形で失点してしまった。しかし、そこで崩れずに前半追加点を与えなかったことが後半につながったと思っています」

Q.髙岸憲伸選手とのコンビで、髙岸選手の方が前に行くことが多く、山﨑選手がバランスを取っていた印象です。そのような役割分担だったのでしょうか?
「元々、自分が前に行く予定だったのですが、状況を見て自分がリスク管理するという形が多かったかなと思います」

Q.後半はかなりチームとして守備が機能し始めました。どのような修正がありましたか?
「前半、ダブルチェイシングがあるときに守備がはまっていました。それをハーフタイムに確認して、フォワードが追ったら中盤がついていくことを意識してやったら、いいリズムが出来ました」

Q.試合の流れの中で山﨑選手自身も慣れていったように見えました。後半はスライドなど感覚を掴んでいたのでは?
「公式戦も久々の出場で、慣れないポジションというのもありましたが、最初はいい入りが出来たのもあって、段々と時間が経つにつれて慣れていったかなと思います」

Q.今日は勝つことが目的でした。それを成し遂げましたが、あらためてどのように捉えていますか?
「ターンオーバーして、普段出ていないメンバーの中でこの天皇杯を戦いました。勝利で終われたことは、次につながったかなと思います」

Q.リーグ戦に最近なかなか出場できていない中で、今日で結果を出してアピールしたかったのでは?
「そうですね。自分の特徴の攻撃の部分ではなかなかボールに触る機会はなかったのですが、逆に守備でアピールできたと思います。これからもっとアピールを続けて、リーグ戦で関わっていけたらいいなと思います」

Q.チームはリーグ戦で苦しい状況が続いています。
「一番は自分が試合に出て、チームを勝たせられる選手になりたいと思っています」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ