デイリーホーリーホック

天皇杯2回戦ロアッソ熊本戦 森直樹監督「リーグ戦で勝てず、新しいパワーが欲しい中、普段チャンスが貰えない選手が入りからしっかり一体感、勇気を持って逆転した。今日出た選手達を評価したい」【コメント】※無料記事

「普段なかなかチャンスが貰えない選手がゲームの入りからしっかり一体感を持って、勇気を持って、熊本さん相手にボールを取りに行くことをやってくれたと思います。その中で何回か外されて失点まで行ってしまうんですけれども、それで折れることなく、もう一回後半にギアを上げて修正して、色々な試行錯誤をして、その中でしっかり逆転したところは、今日出た選手達を評価したいと思います」

Q.チャンスが少ない選手が先発しましたが、今日のメンバー選考の基準、狙いを教えて下さい。
「なかなかリーグ戦で勝てない中、新しいパワーが欲しいというところで、普段からしっかりとトレーニングしている選手達をチョイスして連れてきました。あとコンディションの部分でも連戦ということもあり、思い切って全員を変えて臨みました」

Q.例えば、碇明日麻選手や山﨑希一選手など普段やっていない、得意でないポジションでプレーしました。そのような選手の評価は?
「本当は自分のやりたいポジションはあると思いますが、そこはチームのためにしっかりとタスクのところをやってくれました。その中で碇に関しては、配球でしっかり結果を残しましたし、山﨑に関しても慣れないボランチのところでしっかりスライドしてボールを奪ったり、セカンドを拾ったり、チームを助けてくれました。彼ら二人は素晴らしいなと思います」

Q.碇選手も含め、若い選手の中に初めて先発する選手もいましたが、次第に慣れていいプレーを見せるようになりました。90分での変化をどのように感じましたか?
「ミーティングで今日話したのは、まずスピード感に慣れること。入りのところで、特に攻撃のところで相手のプレッシングのスピードだったり、そういうのに慣れないところがありましたが、徐々に慣れて、しっかりターンして前向いたり、自分の持ち味のところを出せた変化を感じています」

Q.ハーフタイムに修正したポイントを教えて下さい。
「攻撃を担当している樹森コーチが少し立ち位置に変化を加えました。前線のちょっとした立ち位置です。前半は立ち位置の関係で熊本さんのプレッシャーを受けた部分があったので、それを回避するための変化を加えました」

Q.碇選手のどういう練習姿を評価して起用したのでしょうか?
「本当に普段からサッカーのことばかり考えていて、トレーニングの映像をコーチと見ていたり、自分の足りないところをしっかり伸ばす自主練をしています。若い選手は2部練習もあるのですが、その中でもすごく前向きに取り組んでいます。本人も同期の齋藤が先にリーグ戦に出場して悔しい思いをしたと思いますが、そういう部分をしっかりゲームで出して欲しいと思いました」

Q.この勝利をリーグ戦にどのようにつなげたいですか?
「チームとしてまず流れを作りたいと選手達に話をして、それをしっかり遂げてくれました。次はホーム秋田戦があるので、この勢いを水戸に持って帰りたいです。今日頑張った選手に対しては、水戸に残っている選手に競い合わせて、いい状態だったらどんどん使っていきたいです」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ