デイリーホーリーホック

「2024Jリーグシャレン!アウォーズで『おらが街PRリーグ』がメディア賞を獲得。ホームタウン推進協議会の表敬訪問やKSスタで授賞式を実施」【HHレポート】※無料記事

【写真 米村優子】

ホームタウン15市町村がドラフト会議でPR大使にしたい選手を獲得し、シーズン中にさまざまな共同活動を通じて街の魅力を発信する「おらが街PRリーグ」。
今年で3年目を迎えた水戸の代表的なピッチ外活動が5月16日、Jリーグ全60クラブのホームタウン・社会連携活動の中から社会に幅広く共有したい活動を表彰する「Jリーグシャレン!アウォーズ」でメディア賞を受賞しました。

Jリーグシャレン!アウォーズは今年で5回目。
2023シーズンに行われた3000を超える地域に根差した活動のうち、60クラブからエントリーのあった活動から選考を行い、ソーシャルチャレンジャー賞、ファン・サポーター選考賞など、毎年6クラブが受賞しています。
「新しいフツウを子どもたちからプロジェクト~大豆ミートバーガー編~」で明治安田地元の元気賞を獲得した2023年に引き続き、2年連続の受賞となります。

今回新たに獲得したメディア賞は「記者として、自身の媒体に取り上げたいと思う活動」を選考基準とし、テレビ、新聞、雑誌社などに所属する選考委員9人が選んだ栄えある賞。
選考委員からは「市町村ごとの企画は他クラブにもあるが、ここまでコミットした企画は珍しいように思える」「選手の入れ替わりが激しいというクラブの危機感と現状を逆手に取るのも面白い視点で、その発想に拍手」と高く評価されました。

【写真 米村優子】

小島耕社長と事業戦略執行役員の瀬田元吾さんは5月23日、水戸ホーリーホック・ホームタウン推進協議会の会長である高橋靖水戸市長を表敬訪問し、受賞の報告をしました。
高橋市長は「地域貢献や地域連携は、会社が成り立っていくために必要なこと。今回の受賞で各地域との連携も進み、地域の方々もよりクラブに愛着を持ってくれますし、新たなスポンサー獲得にもつながっていくことでしょう。今後も色んなアイデアを出して、ホームタウン活動を頑張っていただきたいと思います」と受賞を称えていました。

そして、6月2日のホーム長崎戦では、試合前のケーズデンキスタジアム内で授賞式を実施しました。
Jリーグから笠間市PR大使の梅田魁人選手と小島社長にホームタウン15市町村への感謝状が授与され、受賞の喜びや今後の活動への意欲を語っていました。
これまでJリーグシャレン!アウォーズで2年連続の受賞経験があるのはガイナーレ鳥取、モンテディオ山形、水戸の3クラブのみ。
3年連続となればJクラブ史上初の快挙となります。
小島社長は「今回の受賞はホームタウン推進協議会の市町村の皆さんが、熱量高く一緒になって盛り上げようと取り組んでくれた結果。ホームタウンとクラブの関係性はもっと深くなれることを発信できたことは大きく、この社会活動が日本中に広がっていけばいいなと思っています。地域連携活動はJリーグが果たすべき社会的な使命であり、クラブの価値向上にもつながります。3年連続の受賞を当然、狙っていきたいと思います」と意気込みを語りました。

【写真 米村優子】

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ