デイリーホーリーホック

「濱崎監督、楠本主将、小島社長が茨城県知事と水戸市長を表敬訪問。2023シーズン終了を報告」【HHレポート】※無料記事

【写真 米村優子】

濱崎芳己監督、楠本卓海キャプテン、小島耕社長が11月17日に大井川和彦茨城県知事、20日に高橋靖水戸市長を表敬訪問し、2023シーズンの終了を報告しました。

【写真 米村優子】

11勝14分17敗の17位で終えた2023シーズン。
小島社長は「もう少し上に行く予定でしたが、怪我人などアクシデント続きの一年でした」と今季への悔しさを滲ませる場面もありましたが、クラブ創設30周年となる来季に向けて「J2リーグ25年目の挑戦の年なので頑張ります」と意気込みを語っていました。
大井川知事は「30周年でJ1に行くのが一番美しいシナリオ。来年は県庁から水戸駅まで優勝パレードができるよう、節目の年で昇格を目指して欲しいです」と期待を寄せていました。

【写真 米村優子】

高橋市長が「なかなか大変なシーズンでしたね」と振り返ると、「思い描いた部分とは違うシーズンで、その中でも成長がありましたが、まだまだ足りないものがあり、来シーズン取り組むのが我々の仕事だと思います」と濱崎監督。
その後、Jリーグ秋春制や試合数の動向、来場者数の現状、来季30周年を迎えるクラブの施策などの話題で盛り上がり、高橋市長は「来年は辰年で30周年。引き続き、応援していますので頑張ってください」などとクラブを激励していました。

【写真 米村優子】

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ