デイリーホーリーホック

「2023シーズン総括コラム③ 『撤退』を決断しても、失わなかった一体感。内的変化で苦境を乗り越えた過程こそ、水戸のスタンス」【コラム】

【写真 水戸ホーリーホック】

関係性を大切にして課題解決に努める

第33節山口戦、試合終了の笛が鳴ると同時にブワニカ啓太と鵜木郁哉が濱崎芳己監督に抱き着き、7試合ぶりの勝利の喜びを分かち合った。

その後、その歓喜の輪が大きくなった光景が、今季の水戸を表していた。
リーグ前半戦から下位に低迷し、苦しんだシーズンだった。それでも、チームが崩れなかったことは残留という結果につながった大きな要因と言える。

(残り 1935文字/全文: 2200文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ