デイリーホーリーホック

J2第37節アルビレックス新潟戦 「攻撃的な姿勢で挑むも、見事なまでの返り討ちに遭う。痛感させられた首位チームとの力の差をいかに埋めていくかが問われている」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

強気で攻撃的な策

「完敗でした」
そう認める秋葉忠宏監督の表情は無念さよりも清々しさを感じさせた。
「最後まで水戸の選手たちは本当にファイトしてくれました」との自負があるからであり、その上で「これが首位を走っているクラブなんだと思いましたし、非常に好感を持てましたし、強かった」(秋葉監督)という思いを抱かされたことがそうさせたのだろう。

(残り 2043文字/全文: 2292文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ