デイリーホーリーホック

J2第37節アルビレックス新潟 秋葉忠宏監督「首位を走っているチームの強さをまざまざと見せつけられた。我々の問題というより、新潟が凄まじかった」【コメント】

「新潟さんの強さをまざまざと見せつけられました。これが首位を走っているクラブなんだと思いましたし、非常に好感を持てましたし、強かった。あれだけの走力、ハイインテンシティーの中で怖がらずにボールを動かして何度もゴールに向かってくる。我々がこうなりたいと思わせてくれるようなチームと戦うことができました。でも、最後まで水戸の選手たちは本当にファイトしてくれました。ボールを奪いに行きましたし、ゴールに向かったからこそ、どういう差があるのかということがよく分かりました。いいお手本であり、指標がここにありました。今年は残り6試合となりましたが、今年だけでなく、クラブとしても、チームとしても、こういうアグレッシブで攻撃的なチームであり、クラブであり、選手でありたいと思わせてくれましたから、今日は新潟さんにおめでとうと言いたいですし、OBとしても最後まで勝ち続けて昇格してもらいたいと思います。本当に今日は完敗でした」

Q.新潟の勢いに飲まれて、腰が引けてしまったように見えましたが、選手のメンタリティーはいかがだったでしょうか?

(残り 1087文字/全文: 1548文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ