デイリーホーリーホック

J2第29節大宮アルディージャ戦 「危機的な状況で見せた“逆境力”。歓喜する選手とサポーターの姿に『水戸はどんなチームか?』の答えが示されていた」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

1週間で状況が大きく変わったわけではない

同日に開催されたJ1リーグ第23節浦和対川崎のメンバー表を見て、あるチームスタッフはこう口にした。
「先週のウチはこれよりも大変な状況でしたからね」

川崎のベンチには5人しか入っておらず、しかも、そのうちの3人がGKという異例の事態で試合に挑んでいた。それでも試合を行ったのはJリーグの規定では「トップチーム登録、第2種トップ可および特別指定選手合計13名以上(ゴールキーパーを必ず1名含む)をエントリーしなければならない」と記されているからであり、水戸の場合新型コロナウイルス陽性者と濃厚接触者、さらにはけがで離脱中の選手が数多くおり、規定の人数を満たせなかったため、第28節大分戦の中止を判断せざるを得なかった。

ただ、1週間経ったとはいえ、状況が大きく変わったわけではない。練習に復帰できたからといって、すぐに試合に出られるコンディションになるわけではないからだ。

(残り 3147文字/全文: 3632文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ