デイリーホーリーホック

「沼田会長と小島社長が今シーズン開幕に向けて、茨城県知事と水戸市長を表敬訪問」【HHレポート】※無料記事

【写真 米村優子】

2月17日、沼田邦郎会長と小島耕社長が大井川和彦茨城県知事と高橋靖水戸市長を表敬訪問し、今シーズンの開幕に向けて意気込みを語りました。

【写真 米村優子】

まず茨城県庁舎で大井川知事を表敬訪問すると、知事はホーリーホックのマスク姿で登場。
沼田会長らに「歴史的な勝利でしたね」とプレシーズンマッチでの健闘を称えました。
小島社長は知事がコロナワクチン3回目を接種したニュースが流れた際、ホーリーホックのユニフォーム姿だったことに感謝を伝えながら、「沼田会長が築いた基盤の上に、少しずつ色々と積み上げています。今年末はJ1昇格の報告をしたいと思います」と決意を語りました。
知事は今季に向けて、「若い力でJ1昇格を目指して下さい!」と力強いエールを送っていました。

【写真 米村優子】

その後、水戸市役所で高橋市長を表敬訪問。
高橋市長は入室するなり、「ホーリーくん、16位おめでとう!」とJリーグマスコット総選挙2022での快挙を祝福。
プレシーズンマッチの初勝利や今季のチーム状況、J1降格組の話題で盛り上がり、高橋市長は「とにかく油断ならないシーズン。アラウンド・ザ・日本三名園での戦いもそうですが、特に北関東ダービーは頑張りましょう!」と北関東王者奪還を強調。
小島社長は「今季もクラブ一丸となって勝利を目指す姿を是非皆さんに見て貰いたいです。秋に大きなものになって返ってくると思いますので、この大きなストーリーを一緒になって追いかけて貰いたいです」と語りました。
高橋市長は「躍動」というメッセージとともに、「サポーターや地域の皆さんには、勝利が一番の恩返しですね。ホーリーホックという地域資源を水戸市も応援していきます」と期待を寄せていました。

【写真 米村優子】

リーグ初戦がコロナの影響で延期となり、イレギュラーな幕開けとなった水戸ホーリーホック。
今季初戦となる27日は、ケーズデンキスタジアム水戸でベガルタ仙台と対戦。スタジアムで開幕ダッシュを後押ししましょう!

【写真 米村優子】

(米村優子)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ