デイリーホーリーホック

J2第10節FC岐阜戦「想定通りの守勢、想定通りの後半勝負で手にした勝利。水戸史上初となる首位をキープ」【レビュー】

【写真 水戸ホーリーホック】

守勢に回っても精神的にしんどいと思うことはなかった

「想定していた」。試合後、長谷部茂利監督も選手たちも冷静にそう口にした。

試合は序盤から岐阜の流麗なパスワークに対して、押し込まれる時間が続いた。「2トップがプレッシャーに行っても、岐阜はアンカーを含めて3枚ボランチがいて、そこでプレスを回避されて後手に回ることが多かった」と黒川淳史が振り返るように、水戸の武器であるハイプレスも機能せず、守勢の時間が続いた。

(残り 1428文字/全文: 1715文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ