デイリーホーリーホック

【レビュー】J2第2節富山戦「強風に苦しみながらもしたたかに戦い、今季初勝利を挙げる。しかし、決して満足いく戦いができたわけではない」(2013/3/11)

リーグ序盤にやってきた正念場

開幕前に負傷した西岡謙太に続き、先週は木暮郁哉が負傷。また、富山戦前日に小澤司が首痛を再発させて欠場することに。チーム始動から固定してきた中盤の4枚中3枚が離脱することとなってしまったのだ。小澤の欠場により、まだ万全なコンディションではない木暮を先発させることとなったが、これまで試してきたボランチではなく、右MFでの出場となった。同じポジションに負傷者が相次ぐという緊急事態。リーグの最初に今季の正念場の一つがやってきたのである。

(残り 1301文字/全文: 1531文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ