デイリーホーリーホック

【レビュー】いばらきサッカーフェスティバル2013 対鹿島アントラーズ戦 「取り戻した自分たちのスタンスで、歴史的ドローに持ち込む」(2013/2/25)

機能した橋本のボランチ

試合終了の笛が鳴った瞬間、本間幸司は小さくガッツポーズを見せた。勝利はできなかった。しかし、同フェスティバルで過去8度対戦し、8連敗を喫していた相手と引き分けることができたことは水戸にとって「歴史的」と言っていいだろう。「僕の気持ちはわかってもらえると思います。点を取るのも、引き分けるのも本当に長かった」と本間は率直な思いを口にした。

(残り 1239文字/全文: 1418文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ