デイリーホーリーホック

【闘将語録】塩谷司「怖がっていてはサッカーは面白くない」(2012/5/17)

自分のプレースタイルに自信を持つ選手

今回は「闘将語録」ではなく、闘将のDNAを受け継ぐ塩谷司の言葉を紹介したい。

前節鳥取戦後、あれほど落ち込んでいる塩谷の表情を見るのははじめてのことだった。52分、最終ラインでボールを持ちすぎた塩谷がボールを奪われ、勝負を決定づける2点目を決められてしまったのだ。1つのミスが失点に直結してしまうDFとして、絶対にやってはいけないプレーでチームの敗戦に大きく関わることとなった。それだけに、塩谷が責任を感じるのも無理はなかった。

だが、塩谷が失点に絡んだのはこれがはじめてではない。今年の開幕前に行われた鹿島とのプレシーズンマッチ。最終ラインでボールを持つ塩谷からボールを奪おうと相手FWがプレスをかけてきた。相手をかわそうとして切り返しを見せたところ、ボールを奪われてしまい、CKを与えることに。そのCKから決勝点を奪われてしまったのだ。

(残り 1060文字/全文: 1446文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ