HAMABLUE PRESS

松下衣舞希「拓海くんはクロスが上手いのは分かっていたので、ワンタッチで蹴れるように優しくボールを置こうと意識した」……第104回天皇杯3回戦・鳥栖戦 試合後コメント

 

■松下 衣舞希

「前半は風も強くて自分のところにあまりボールが来なくて、自分の持ち味のクロスや、中に入って行ってのシュートもあまり出せませんでした。試合に入れていない時間帯が長く続いてしまって、1失点目のシーンも自分がもっと早く戻ってカバーするべきだったとすごく反省しています。後半からはけっこう自分のところにボールが来て、得点シーンみたいに自分がちょっと中に入って(中村)拓海くんに落としたり、自分が得意としているプレーができたのは良かったかなと思います」

 

──松下選手にとっては公式戦プロ初先発でしたが?

(残り 1113文字/全文: 1376文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ