HAMABLUE PRESS

髙橋利樹「自分たちの試合の入り方だったりパスの質が課題だと思う」……第104回天皇杯3回戦・鳥栖戦 試合後コメント

 

■髙橋 利樹

「かなり風が強かったですが、自分たちは何が起きても上手くやろうと話をしていました。でも、前半の失点もそうですし、後半の入りのところも防げた失点だと思います。そこを耐えれていれば流れが変わったと感じています」

 

──相手のプレスなのか、風なのか、何が一番難しかったですか?

(残り 614文字/全文: 764文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ