HAMABLUE PRESS

【無料記事】三田啓貴「1点では(アピールが)足りないというところまでチームが来ている」……2024-J2第21節・熊本戦(H)試合後コメント

 

■三田 啓貴

──試合を振り返っての感想は?

「前半から勢いに乗っていて、今日は大勝できましたけど、もう次に切り替えてやっていきたいです」

 

──ダメ押しの5得点目を取りました。ゴールシーンを振り返ってください。

「あれはもう、(山根)永遠のボールが良かっただけで、あとは決めるだけでした。その前に決定機を1本を外してしまっていて、そこでメンタルが落ちていたら次決められないぞというプレッシャーもあって、自分を鼓舞していました。今日はシャドーで出場しましたが、ポジション争いも激しくなって結果を残さなきゃいけない。得点感覚は自分の得意なところでもあるので、今日も決めることができてよかったです」

 

──今シーズンのリーグ戦2点目で天皇杯を含め公式戦3得点目です。出場時間が限られている中でも、出ればスコアを動かすという流れができているのでは?

「今日も1点ではなく2点取れていればもっとアピールになったはずです。1点じゃ足りないというところまでチームが来ているので、またがんばります。あとは市川(暉記)に聞いてください(笑)」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ