■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

HAMABLUE PRESS

伊藤翔「ハットトリックを狙っていたけど、なかなか思い通りにはいかない」……2024-J2第6節・鹿児島戦(A) 試合後コメント

 

■伊藤 翔

「数的優位の状況を作り出したのは自分たちだし、まずはとりあえず勝ってよかったなと思います」

 

──先制点の場面を振り返ってください。

「作りの段階で中から外にすごく良いタイミングで展開されて、山根(永遠)選手の素晴らしいボールが入ったので、自分は良いタイミングで走って合わせるだけでした。練習でも見たことないくらいのクロスでしたね(笑)」

 

──中寄りの位置からサイドに展開した中村拓海選手のプレーがポイントになった印象ですが?

(残り 943文字/全文: 1174文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ