HAMABLUE PRESS

【無料記事】佐藤謙介(山口)「ここでやってきた10年間がムダじゃなかったと思えた」……2024-J2開幕節・山口戦 相手選手コメント

 

■佐藤 謙介

──三ツ沢にお帰りなさい。といっても去年の年末(中村俊輔引退試合)にもいらっしゃいましたが。

「まあなので、特に(感慨とかはない)って感じですけど(笑)、楽しくやれたんで良かったです。勝ちたかったですね。お互いにですけど、チャンスもありましたし。まあ開幕戦なので、これが基準になるようにこれからどんどん上げていくだけだと思いますし、細かいことにこだわってやっていけたらと思います」

 

──今日はかなり3バックの裏や脇に長いボールを蹴り込んできましたが?

「いろんな狙いがありましたし、開幕戦ということもあって、小さいことよりも大きいことをやって自分たちのリズムを取りたかったのもあります。それが上手いことハマっていた。前半の途中からちょっと苦しい時間もありましたし、風もあって難しい部分もありながらも、自分たちがゲームをコントロールできていた時間もありました。そのコントロールする時間をもっと増やして、相手じゃなくて自分たち主導でやっていけるようになれればと思います」

 

──試合前に山口の番記者に聞くと「見ていてもそんなに蹴っている様子はない」ということでしたが、やはりそこは今日の狙いだった?

「まあ、そうっすね(笑)。いろいろ、相手を見ながら、工夫しながらやっていこうというところでした」

 

──守備はすごくコンパクトにやれていたと思いますが?

「守備はウチの生命線だと思いますし、こだわってやっています。間を何回か通される場面がありましたし、まだまだだと思いますけど、もっとこだわってやっていきたいと思います」

 

──ダブルボランチを組んだ田邉光平選手は良い活躍でしたね。

「あいつは大学の後輩なんですよ。言えば無限に走るんで(笑)、走らせたいと思います」

 

──横浜FCサポーターに一言お願いします。

「試合が終わったあとも暖かく迎えてくださって、嬉しかったですし、ここでやってきた10年間がムダじゃなかったと思えました。もっと良いプレーを見せられるように今後も頑張りたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ