HAMABLUE PRESS

小川慶治朗「自分のところで決めないといけない場面もあった。そこはすごく責任を感じています」……2023シーズンJ1第33節・湘南戦(H) 試合後コメント

 

■小川 慶治朗

「自分に対して裏は警戒されてたと思いますけど、上手くタイミングが合ったら裏も狙えるチャンスがありました。いつもに比べてワンタッチの意識はあったし、そこを合わせられたらなという試合でした」

 

──湘南があまり前からアグレッシブに来なかったという印象は?

「コンパクトにして、たぶんこっちのロングボールを警戒していたと思う。こっちもうまく集中してゲームに入れて、すごく良い内容で進んでいたと思います」

 

──前半はシュート7本ですが、すべてカウンターかセットプレーの流れからで、ボールを握っている状況では攻めあぐねている印象でしたが?

(残り 1113文字/全文: 1397文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ