HAMABLUE PRESS

アグレッシブさを取り戻して戦うも、アウェイの熱気に勝点2を失う……2022シーズンJ2第34節・山口戦(H)マッチレビュー

▼2022明治安田生命J2リーグ 第34節

9月3日(土) 19:04キックオフ/維新みらいふスタジアム(4,469人)
レノファ山口 3-3 横浜FC
【得点】
32′ 横浜FC/小川航基
53′ 山口/成岡輝瑠
61′ 横浜FC/伊藤翔
63′ 横浜FC/小川航基
81′ 山口/梅木翼
86′ 山口/成岡輝瑠

 

63分、小川航基の2ゴール目が山口ゴールに吸い込まれ、スコアは3-1となった。正直、これで試合は決まったと思った。この時間帯、山口のプレスはバラバラで、一人一人がボールに寄せては横浜FCにはがされてボールを運ばれており、攻撃でもペナルティエリアにほとんど入れていなかった。首位と18位。順位が示す力の差を考えれば、そのまま試合が終わるのが妥当だろう。

(残り 3345文字/全文: 3664文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ