HAMABLUE PRESS

斉藤光毅『幹になる!』……連載コラム第3回

斉藤光毅ファンの皆さん、お待たせしました。連載コラム『幹になる!』第3回は、シーズンオフで帰国した光毅選手が5月14日にKOKI SAITO FIELDで行ったサッカークリニックの様子を中心にお届けします。

 

▼ベルギー2部シーズン終了。最終節で今季5ゴール目

まずは前回お伝えしたドバイカップU-23を終え、ベルギーに戻ってからのことを簡単に振り返りましょう。4/3に行われたホームのウェステルロー戦にも光毅選手は元気に出場。結果的にシーズン優勝を果たした強豪に序盤から押し込まれて先制される苦しい展開でしたが、前半アディショナルタイムに1点を返し、さらにその直後でした。左サイドでボールを受けた光毅選手がドリブルを仕掛け、2人をかわしながらペナルティーエリア内を縦にえぐります。落ち着いてゴール前に送ったパスをカウエ選手が決め、これが決勝点となってロンメルSKが勝利しました。

(残り 3405文字/全文: 3839文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ