群馬サッカーNEWS Gマガ

【戦記】J2第19節ザスパクサツ対ツエーゲン金沢  加藤潤也対策は万全だったのか。金沢相手に1対1のドロー。後半のシュートは0本。下降線を辿るチームのバイオリズム

 

【戦記】J2第19節ザスパクサツ対ツエーゲン金沢  加藤潤也対策は万全だったのか。金沢相手に1対1のドロー。後半のシュートは0本。下降線を辿るチームのバイオリズム

 

 

 

畑尾大翔のヘッド弾で先制も、その後は劣勢へ

 

ザスパクサツが敵地で金沢と引き分けた。公式記録上でのザスパクサツのシュート数は前半に2本、後半は0本。劣勢のゲームで、勝点1を拾った結果になった。

 

 

ザスパクサツは、前節で負傷交代したFW高木彰人がメンバーから外れて、北川柊斗が起用された。武颯と北川の2トップ、左MFに山中惇希、右MFに佐藤亮という攻撃陣となった。そして金沢のトップ下には元ザスパクサツのエースアタッカー加藤潤也がいた。

 

 

(残り 2405文字/全文: 2716文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ