群馬サッカーNEWS Gマガ

ザスパクサツ大槻毅監督 “組長”の続投発表、手腕が問われる2年目。2024年の新グラウンド完成へ向けて、来季はJ2残留が現実目標となる【Gマガ】

ザスパクサツ大槻毅監督 “組長”の続投発表、手腕が問われる2年目。2024年の新グラウンド完成へ向けて来季はJ2残留が現実目標となる【Gマガ】

 

 

 

ザスパクサツは12月1日、今季指揮を執った大槻毅監督が来季続投することを発表した。

 

契約年数は、明らかにされていない。

 

今季、チームは残留争いに甘んじながらも、かろうじてJ2残留を果たした。来季は、さらに厳しいシーズンになることが予想される中で、“組長”にチームの未来を託すことになる。

 

大槻監督はクラブを通じて「一日一日、積み上げることを目指し、群馬に関わる全ての方と成功体験を積み上げられるよう、選手・スタッフと共に努力します。2023シーズンも共に戦いましょう。スタジアムでお待ちしています」とコメントした。

 

シーズン終了前から、続投が規定路線だった。

 

(残り 1275文字/全文: 1633文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ