群馬サッカーNEWS Gマガ

【戦記】J2第38節ザスパクサツ対山口 組長の謝罪。ワーストゲームでの大敗に、大槻毅監督は平謝り。戦い抜いたのはサポーターだけ

 

【戦記】J2第38節ザスパクサツ対山口  戦い抜いたのはサポーターだけ。ワーストゲームでの大敗に、指揮官は平謝り

 

 

 

試合後のブーイングの意味とは?

 

 

今季のワーストゲームだ。失点を重ねるたびに、チームは自信を失い、呆然と立ち尽くした。

  

キックオフ直後から、守備戦術がハマっていなかった。立ち上がりは、川本梨誉と鈴木国友の2トップがボールを追っていったが、山口のビルドアップを止めることができずにズルズルと下がっていった。大槻毅監督は毎試合後に「仕組みは用意した」と自慢げに話すが、どの試合も守備がハマらずに軌道修正を迫られている。

 

(残り 1755文字/全文: 2042文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ